TVボードと飾り棚の特注鉄脚

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

とあるお客様から、ご自宅の地下にあるシアタールームに設置する特注のTVボードと棚の製作依頼をいただきました。

シアタールームと言うだけに、テレビやスピーカーなどもそれなりに大きいために、それに合う棚が必要です。

造りとしてはとてもシンプルで鉄脚に木の天板を取り付ける構造です。
シンプルな構造ですが、サイズがとても大きい!

幅4000もありますからね!

以下は取付け直後の写真でまだ、すべての機材を設置しておりませんが、こんな感じに納まりました。

特注のTVボード

現場での取り付け中の写真です。これは飾り棚です。

特注の飾り棚
TVが設置される前のTVボード
特注のTVボード2

このTVボードと飾り棚はエンドユーザであるお客様ご自身で設計されました!
すごいですね!
以下、お客様の直筆による設計図面をご覧いただければ、とても綿密に設計されたことがわかります。
木の天板の取り付ける際の取り合いや本当に細かいところは我々で検討しました。

お客様の直筆の図面1
お客様の直筆の図面2
お客様の直筆の図面3

鉄脚は鉄の角パイプで50 x 50 x 2.6の鋼材を使いました。

50 x 50 x 2.6の角パイプ

これをバンドソーで決まった寸法に切っていきます。

角パイプをバンドソーで切断

切り終えた角パイプです。いかにも『作っている!』と言う雰囲気ではないですかね?

そしてこれらを黙々と溶接していきます。

クランプを使って仮組み
クランプを使って仮組み2

溶接で組みあがった鉄脚です。

組みあがった鉄脚

個人の住宅に寸法も色合いも100%お客様のイメージに合致しているTVボードや飾り棚はほとんどないと思います。
我々は、こだわりのあるお客様のイメージを限りなく100%に近づける世界に一つだけの一点物を作ります。

それではまた投稿します。

関連記事
TVボードと飾り棚の特注鉄脚 ~続~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です