グラインダーが壊れたので直しました

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

グラインダーを使って作業をしていたら、急に動かなくなってしまいました。

グラインダーに限らず、電動工具が動かなくなる原因で最も多いのが

『カーボンブラシの摩耗』

です。

他にも電源コードが切れてしまうとかの原因もありますが、見た目はどこも壊れていないのに急に動かなくなった場合は、カーボンブラシの交換をしましょう。
摩耗と言う事もあり、カーボンブラシは消耗品です。
ですので、タイトルの

『グラインダーが壊れたので直しました』

と言うより

『グラインダーが動かなくなったのでカーボンブラシを交換しました』

の方が適切かもしれませんね。

まあこれは、石油ストーブを使っていたら急につかなくなったか灯油を入れたのと同じ感じです。

カーボンブラシの交換の様子を撮りました。

まずは本体の両側にマイナスドライバーであく箇所があるのでそれを取り外してカーボンブラシも取り外します。

古いカーボンブラシ

そして新しいカーボンブラシを用意します。

新しいカーボンブラシ

黒っぽい四角い箇所の長さを見れば一目で分かります。カーボンの長さが全然違いますよね。

新しいカーボンブラシを付けます。

新しいカーボンブラシを差し込む

最後にキャップをマイナスドライバーで締めて終わりです。
これでグラインダーの復活です。

常日頃からグラインダーを使う場合は、カーボンブラシの予備をもっておくといいですね。

それではまた投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です