バンドソー

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

長さが5.5mとか6mのパイプ材を切断するとき、うちではバンドソーを使って決まった寸法に切ります。これまでは本体を床置きの状態で切断していました。あと、決まった寸法に切る際もその都度、スケールで長さを測っていました。

本体を床置きの状態

自分で作った椅子に座って作業しておりましたがやはり効率が悪い。同業者の会社に見学に伺った際、バンドソー本体をアングルで組んだ架台に乗せているのを拝見してウチも真似しようと思い、高さを設けました。

今まで物置でしかなかったレールも活用しました。ですのでバンドソーが乗る架台をレールの高さに合わせて作りました。そして、レールにストッパーをクランプで固定し、同じ寸法の長さを何十本も切れるようにしました。このようにすれば、一本一本長さを測って切る必要がなくなり作業効率が格段に上がります。

ストッパー

この改善で効率は大変良くなりました。工場をより良くするためには自社に閉じこもっていても現状維持となってしまいますので、同業の会社に見学に行くことは非常に意義があることだと思いました。

それではまた投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です