ビニールハウス×薪ストーブ=新しい価値

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

みなさんは薪ストーブは
どのような環境で利用されている
と思いますか?

一番多いのは
住宅だと思います。

薪ストーブの活用シーンって
本当に広がりを見せます。

今回、納入させていただいた
環境はなんと

『ビニールハウス』

です。

これまで、

木造住宅
RC造(鉄筋コンクリート)

の設置工事でしたが

『ビニールハウス』

は初めてです。

しかも、用途がまた特殊。

ビニールハウスでサウナ!

こんなこと、皆さん
考えた事ありますか?

私は初めてです。

如何せん、ビニールハウスは
初めてでしたので、
近所の農家さんにお願いして
ビニールハウスを見学しました。

近所の農家さんのビニールハウスには
もみ殻を燃料とした加温器と呼ばれる物
を導入されていて、煙突施工や断熱/防熱
のやり方を教えていただきました。

ここからは
ビニールハウスに導入した
経緯を書きます。

(どこから書こうかな・・)

このご依頼を下さったのは
しーたけ村長こと
伊藤健さんです。

伊藤さんは昇栄興業と言う
鉄筋工事会社の社長です。

この度、新事業を立ち上げ、
その事業こそがビニールハウス事業です。

しーたけ村長のブログもありますので
こちらも併せて読んでください。

このビニールハウスは3m × 3mで
都会に住居を構える方々を対象に
自宅のとなりにビニールハウスを
建て、業務用としてではなく
趣味として活用されるものです。

都会で生活されている方にとって
畑仕事をするのは少し難しいです。

でも、しーたけ村長が開発した
ビニールハウスが自宅のとなりに
あれば、憧れだった畑作業も都会で
可能になるわけです。

ここからが面白いのですが
ビニールハウスを家庭菜園
だけではなく、

『サウナハウス』

として使ってもいいんじゃないか?
と言うぶっ飛んだ発想です。

でも、これってとても
理にかなっていると思うんです。

なぜなら、ビニールハウスは
冬でも家庭菜園ができるぐらいで
気温を保てます。

都会にお住いの方で

・家庭菜園をしたい
・家でサウナを楽しみたい

この二つを実現できるのは
ビニールハウスのみです。

しーたけ村長とは同友会と言う
経営者が勉強する団体で
知り合いました。

私が埼玉同友会の例会にお邪魔し
その時に知り合いました。

しーたけ村長はいつも
私の情報発信をご覧いただき
今回ご依頼いただきました。

今回、ビニールハウスを建てたのは
千葉県市原市です。

朝五時に出発したのですが
まだ真っ暗でした。

この軽トラで佐久から市原まで行きました。
もう朝からワクワクです。

4時間かけて現地に到着しました。
景色はこんな感じです。


千葉県とは言え、ほとんど
長野県の景色と同じです笑

この時、ビニールハウスは
まだ建設中でした。

昇栄興業の社員さんが
一生懸命作業されていました。

この時、BBQもやりました。
ビニールハウスが建つまで
BBQを楽しみました。


社員さんたちも休憩して
お天道様の下でBBQを楽しみました。

ビニールハウスがある程度
建ったところで煙突の取り付けです。


暗くなる直前に取り付けが終わりました。
電気がなかったので、頼りになる灯りは
太陽のみです。

まさに自然の中での作業で感慨深い
ものがありました。

辺りが真っ暗の中で火入れをしたのは
初めてでした。
本当にいろんな事が初めてづくしでした。



今回のお仕事を通じてしーたけ村長は
風の時代に生きる方だな~と感じました。

そして薪ストーブ自体もこれからの
風の時代を象徴する存在なのだと
思いました。

土の時代と言われていたこれまでは
薪ストーブ言えば住宅での暖房器具
でしたが、これからは益々用途が
広がることでしょう。

しーたけ村長のビニールハウスは
限りなく未来があります。

面白い事を徹底的にやるその姿に
感化され、私も徹底的に面白いことを
やる所存です。

それでは今日はこれで
失礼したいと思います。

どうもありがとうございました。

関連記事
ブログカテゴリ 薪ストーブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です