御代田町M様 サトー式薪ストーブ600タイプ納入

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

最近すっかり寒くなりましたね。
浅間山は雪で真っ白です。

さて、その浅間山近くの
御代田町に新居を建てたM様に
サトー式薪ストーブ600タイプを
納入させていただきました。

元々、M様は東京にお住まいでしたが
御代田町に今年の春から移住されました。

都会から地方に移住される方の背景って
実に奥が深いです。

M様が移住された背景もとても奥が深いです。

地方への移住となると、
田舎生活を象徴する薪ストーブです。

星の数ほどある薪ストーブの中から
サトー式薪ストーブを選んで下さった
ことはとても嬉しい事です。

新築に薪ストーブを導入する場合、
ほとんどの場合は、屋根を葺く
タイミングで煙突工事をやりますが、
諸事情により引き渡し後に工事しました。

天井の開口は、あらかじめ工務店さんと
打ち合わせして設けていただきました。

屋根はガルバリウム鋼板の2寸勾配
だっため工事がやりやすかったです。

後工事でしたが、煙突の雨仕舞は
板金屋さんがばっちり納めてくれました。


事前に板金屋さんと打ち合わせをし、
煙突芯に対してのフラッシングの偏心
をどうするかや雨仕舞をどうするかなど
決めました。

天井の開口、板金屋根の雨仕舞などの
段取りをしっかりやったおかげで
スムーズに工事が終わりました。

そして、薪ストーブの設置です。

バッチリです!!

設置後、M様はお仲間のみなさんと
火入れをされました。

みなさんと薪ストーブを囲んで
お酒を楽しんでいる動画を送って
下さいました。

私はその動画を観てほっこりしたわけです。

M様は、展覧会の企画プログラムをする
お仕事をされています。

ご職業柄もあると思いますが
内装、インテリア、アイテム、軽トラの色など、
どれをとってもかっこいいのです。

ライフスタイルそのものに洗練された
センスを感じました。

こう言った感性を学ばせていただいています。

その洗練されたセンスはこの雑誌を読めば分かります。

『BRUTUS Casa』

全国版の雑誌です。

ここにM様が掲載されています。
しかも、我らがサトー式薪ストーブ
も載っています。

92P~です。

このような洗練されたセンスをお持ち
の方に選ばれることはとても光栄です。

それでは今日はこの辺で失礼したいと
思います。
どうもありがとうございました。

関連記事
ブログカテゴリ 薪ストーブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です