ステンレス製の排水桶

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

某食品加工工場のお客様から、ステンレス製の排水桶の製作依頼をいただきました。
既存の排水桶は、樹脂でできており、排水用のホースもφ20と細く、排水されるのが非常に遅いとのことでした。
また、ホースをつなぐソケットも桶本体が樹脂のため、穴を開けてボルトで締めて、隙間から水が漏れないよう、担当者の方が自らコーキング処理をされたそうです。

既存の桶の写真です。

長年使っているとコーキングにヒビが入り、長持ちさせるにはだましだまし使うしかなく、それならステンレス製の排水桶を作って排水口の径も大きくしようと言うことでご依頼をいただきました。

以下は今回、私が製作した物です。

ステンレス製の排水桶1
ステンレス製の排水桶2

寸法は高さが300、横と奥行きが290です。
ステンレスのSUS304を曲げ加工して角はRになるようにしました。

既存の樹脂の桶に寸法を合せたのには理由があります。
それは、

・カスを濾すためのザルの幅が決まっている
・排水がたまっているタンクからの排水口に合せるため

この2点です。

今回作った排水桶はステンレスのへルールφ80のへルールパイプを本体に溶接したので、排水の速度も各段に向上しました。
また、排水桶をスムーズに移動できるようキャスターを底面に溶接しました。

業務の効率が上がって、作った私も嬉しく思います。


それではまた投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です