ステンレスの手すり

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

佐久市のお隣である立科町にお住いのお客様から、石段になっている箇所をコンクリートのスロープにして手摺を取り付けてほしいとのご相談をいただきました。

今回のお仕事は、サトーステンレスでコンクリートの土木工事を請け負い、お客様である竹内㈱様にコンクリート工事と手摺の取付け工事をお願いしました。

元々の状態はこんな感じです。



そしてコンクリート前の砂利を敷いた状態です。この時に手摺の位置も確認しました。

コンクリート工事の様子




コンクリート工事完了の状態です。

コンクリート工事後



スロープがカーブになっているので、それに合わせて手摺となる丸パイプに角度を入れて切断して溶接しました。
手摺の長さは1500mmと2000mmの2本です。

手摺の末端は、コーナーを設けました。
しかし、ただコーナーを設けると、、、

丸パイプの仮溶接

と、このように角があって危ないので下の写真のように丸みをつけました。

手摺の面取り



その他、ギャラリーです。

それでは今日はこの辺で失礼します。
どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です