師匠

こんにちは。

代表の佐藤哲郎です。

先日、ツイッターで知り合った熟練の職人さんに会うために千葉県まで行ってきました。
ツイッターでは、その熟練の職人さんの製作したステンレス製品を眺め、いつも綺麗だな~と感心していました。
いつも、私がコメント欄で技術的な事を質問したり、時にはDMで質問していました。
何回かやり取りをしているうちに、『このお方に是非会いたい!』と思うようになりました。
そして分からないことを教えていただこうと思い立ち、会いにいっていいですかとお願いしたところ、快諾いただきました。
その熟練の職人さんのお名前は株式会社MTSと言う会社をおひとりで経営されいる高橋象二郎さんと言う方です。
ツイッターをやられている方は是非フォローしてください。高橋さんのアカウントはステンレス職人(@ShoSus1 )です。

高橋さんは、直接会って話をするだけにとどまらず、私が分からない事やつまづいている事を実演で教えて下さいました。
もうこの上ない日でした。その時間は私にとってとてもとても貴重でした。

師匠がいない中でこの業界に飛び込み、これまでの3年間は独学であったり自己流で仕事をしてきました。
公共の物をじっくり眺めたり、父が撮った製作過程の写真などを見たり、空いた時間に溶接の練習をしていました。
しかし、このまま自己流でやっていても頭打ちになるのでは??とある時期から感じていました。
そして、今がまさにその壁にぶち当たっている時です。高橋さんにあったその日に私は高橋さんを師匠として崇めています。
この業界に入って初めて師匠の存在のありがたさが身に染みました。

ツイッターを初めとするSNSのおかげでこのような繋がりができると言うのはすごいです。
尊敬できる師匠に出会えましたから。いい時代に生れたと思います。
この日に習ったことを実務で活かし、いい製品を作れるよう精進します。









それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。
どうもありがとうございました。



2018年06月30日