父の墓の塔婆立て

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

先代である父が他界してから1年半が経ちました。先日、2回目のお盆を迎え、父の墓に行きました。
そういえば、父の墓の塔婆立ての事についてブログで投稿していなかったと思いました。
正直なところ、以前も投稿しようと思いましたが、お墓の写真を載せることに若干の抵抗がありました。
でも、サトーステンレスを創業した父の事を敬い、私が作った塔婆立てをやはり皆さんにもご覧いただきたいと思い今回の投稿に至りました。
私が父と共に仕事をしたのは、学生時代にやったバイトの時しかありませんでした。この墓を作るときに一部でもいいから自分の手作りの物で天国に逝く父をはたむけたいと思いました。

もう一年半前に作った塔婆立てです。
ステンレスのフラットバーを切って溶接と言う至って簡単なものではありますが、天国の父はきっと喜んでくれていると思います。
表面の仕上げはヘアライン(HL)と呼ばれるものです。





これに塔婆を立てます。



よく、夢に父が出てきます。何度も父の夢を見ます。夢の中で自分が分からないことを聞いてもなぜか父は無言です。教えてくれません。
何度も夢の中で父が出てくるので、生き返ったんだと思って夢の中で父に話しかけても、いつもニコニコしているだけで何も話してくれません。
そして夢が覚めると「あぁ~夢だったのか」となります。

父は57歳でこの世を去りました。今から21年後、私は父と同じ歳になっています。その時に何を思うのか。その時に父を超えているのか。未来の自分に現在の自分からエールを送ります。今できることは仕事を楽しんで、追いつくことのできない父の背中をそれでも追いかけることです。

今後も応援宜しくお願い申し上げます。

それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。どうもありがとうございました。
関連リンク
創業者 佐藤茂美

※よかったら下のいずれかのボタンをボチッと押してください

  • はてなブックマークに追加
2017年08月19日