薪を活用した看板

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

鉄工房サトーのブログで綴った薪を活用した看板についてこちらにも転載します。

薪ってそれ単体でも絵になると個人的には思います。
その薪を活用して看板を作ろうと言うプロジェクトがありました。

まずは一見にしかず。




そうです。鉄板をレーザー加工機で切ってその文字を薪に打ち付けた何とも味があって暖かみのある看板です。

デザイナーさんから受領したイラストレーターのデータをCADデータに変換し、それをレーザー加工機に読み込ませます。
そして、立体感を出すためにスペーサーとなる棒を文字に溶接します。
下の写真はその作業直後の様子です。




切り文字の下に敷いてある紙は型紙と呼ばれるもので文字の大きさを原寸大に図示されています。
この型紙にはスペーサーの位置も描いていますので、この型紙を薪にあてて、スペーサーの位置にドリルで穴を開けます。

そうするとこのようになります。




そして次々に薪に打ち付けます。








そしてこの看板は白馬のさのさかスキー場に納品しました。




薪がいいアクセントなっていますね。

それではまた投稿します。

2019年01月10日